大木酒店

東武練馬駅南口から歩いて約5分、にぎやかな北一商店街にある『大木酒店』。

写真1

写真2

大正8年 (1919年)に創業した同店は、長い間、日本酒通のお客様に愛されてきた老舗の酒屋さんです。

写真3

写真4

店主の大木英幹さんは、絵画鑑賞のために訪れたヨーロッパで半年ほど暮らしていた際、スーパーではビールや家庭用のワインなどを販売し、専門店では特別なワインやウィスキーなどを販売していたのを見て、自分のお店も専門店にしたいとお店をリニューアル。約一年かけて改装したという大木さんのこだわりがつまった店内は、オシャレなワインセラーやシックな日本酒コーナーなど、どこを見ても絵になる空間です。
東京では同店を含めて二店舗でしか販売していないという「越の寒梅」を取り扱っていたことから、日本酒をメイン商品にしました。当初は何度も蔵元に出向いて信頼関係を築いてきたそうで、今では長いお付き合いになる蔵元さんも多いそうです。試飲して納得してから店頭に出しているので、どれも自信を持っておすすめできる逸品です。

写真5

こちらがその「越の寒梅別選(2,540円)」。その他にも「久保田千寿(2,430円)」や「黒龍いっちょらい(2,450円)」など、日本各地の貴重な銘酒を多数取り揃えています。希少なお酒が入荷した際には、朝から並んで買いに来られるお客様も少なくないそうです。

写真6

その他にも、約300種類と豊富な品揃えのワインも同店の主要商品。
お客様は地元の日本酒通の方や料亭などのお店屋さんが多く、お中元やお歳暮などの贈答用にと遠方から買いにこられる方も多いそうです。
希少な地酒だけでなく、1,000円前後で購入できる四合ビンなどお手頃価格のお酒もあるので、日本酒ビギナーの方にも気軽に楽しんで頂けます。
「最初に飲んだお酒を基準に、『もっと辛口がいいな』とか『すっきりしたものを』とか、好みにあわせて選んでみるといいですよ」と奥様の美智子さん。お客様のご予算やお好みに合わせたお酒を選んで下さるので、ぜひご相談下さいね。

写真7

皆さんも同店で、日本酒の奥深い世界を味わってみませんか。季節の限定酒なども入荷して、皆さんのお越しをお待ちしております。

※価格は全て税抜

大木酒店
03-3933-0019
練馬区北町1-32-4(地図
10:00~18:00
定休日 木曜・第三水曜
駐車場 なし

HP http://www.okisaketen.co.jp/

※記事は2015年7月時点のものです。


ページ上部へ戻る